コレステロールに注意

お腹を摘まむ男性

コレステロールには、善玉と悪玉があります。体にとっては双方必要なものです。しかし、悪玉コレステロールは増えすぎてしまうと体にとって良くありません。悪玉コレステロールが増える原因は、加齢によるものです。年齢を重ねていくと運動量の減少から代謝が悪くなりコレステロールが増加しやすくなります。コレステロール値が高くなると心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病などの病気になりやすくなるので注意が必要です。また、便秘にもなりやすいので不要な老廃物を体にためてしまいます。コレステロールの高い食事や運動に気をつけて生活することが健康な体つくりに必要です。バランスの良い食事、適度な運動、十分な睡眠、ストレス解消をバランスよく保つことが大事です。

悪玉コレステロールを多くとると体のバランスが崩れて病気になりやすくなります。中高年からは、特にコレステロール値に気をつけて生活することが必要です。カロリーやコレステロールの高い食事をした後やする前に適度な運動をする、野菜を多めに食べる、サプリメントでカロリーを消費させる、コーヒーを食後に飲む、日頃から運動をして代謝を上げるなど予防や対策があります。マッサージや整体、エステなどで血流を良くすることも良いです。悪玉コレステロールと善玉コレステロールのバランスをとるためにヨーグルトやサプリメントなども効果があります。健康食品には、カロリーを消費したり、コレステロール値を下げる商品もあります。試すと効果があります。